ペットを飼っている

図書館のようなリビング

リフォームとは、長く住んで古くなりあちこち痛み始めた家を新築当初に戻すことをいいます。
今やリフォームをする人は年々増え続けていますが、その歴史は戦後にさかのぼります。
リフォームという言葉自体が浸透したのは最近ですが、昔は増改築と言っていたものがリフォームに当たると考えて間違いないでしょう。
かつては古くなった家は取り壊すという考え方が根強く残っており、それは木造の家は30年が寿命と言われていたことに起因するようです。
この30年の根拠はいまいち明確ではありません。
ただ、耐震性能が今の基準よりも低かったのは事実です。
現在では諸説はあるものの少なく見積もってもおおよそ50年以上は普通に持つのではないかと言われています。

少なく見積もっても50年も持つ住宅を30年そこいらで壊してしまうのはもったいないと考えるようになりました。
一度全部を取り壊して再び同じ土地に新築の家を建てても結局は無駄に廃材を出して、無駄に新しい木を使っているのです。
これではいくらエコロジーの時代と言っても時代に逆境しています。
もちろん新築にするかどうかは最終的にその家の住人が決めることですのでどちらがよくてどちらが悪いということはありません。
ただ、環境への配慮から新築を建てずにリフォームする人が増えているということです。
金銭的に見ても新築の7割か8割程度で立派な住宅にすることができるのです。
自分たちの利益だけではなく、全体から見た利益を考える人が増えているとも言えます。